« 4日見ぬ間に | トップページ | 大型電気店の波 »

2006年6月18日 (日)

丁寧すぎる

taitoをチャリで散歩に連れて行くのが

日課なわけです。

で、電車を見に行くのも日課なわけ。

 

でもさ、

ここは岩手。

そんなにそんなに電車の本数ないす。

上下線合わせても

がんばって30分に1本かな。

 

taito:「でんしゃ!でんしゃ!

 

俺:「見に行ってもいないぞ たぶん」

 

まぁ毎度のことなんで踏切まで行く。

 

taito:「でんしゃ こないねー

 

俺:「んだなー 今日も会えなかったなー」

 

ってな感じで、また散歩を再開。

 

ふと、遠くのほうで

カンカン カンカン

 

おっ!!

きたか!

これを逃すわけにはいかねーべ!

ってなわけで

ダッシュで踏み切りに逆戻り。

 

遠くのほうから貨物列車が。

そう

貨物列車はいつ走るかわかんねーけど

普通電車と合わせれば

結構見れる確立は高いかも。

 

で、

俺:「taito!! 電車きたぞ!

 

taito:「あっ! でんしゃー!

 

taito:「きたー!

      でんしゃ! でんしゃ!!

 

電車が近づき、

taitoの興奮も最高潮!

taitoは電車の進行方向に

右手をそっと差し伸べ

 

taito:「どーぞ~!!!

 

 

・・・

いや

走るから・・・

 

むしろ その方向にしか走れないから・・・

いきなり曲がったり止まったりできないんです。

 

どっからどーやって覚えたんだ?

俺は教えてねーぞ。

たぶん何かと何かが

taitoの中でくっついたんだべな。

 

丁寧すぎるわけです。

動くものに対して。

 

が、

度が 過ぎます。。

|

« 4日見ぬ間に | トップページ | 大型電気店の波 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11638/2283702

この記事へのトラックバック一覧です: 丁寧すぎる:

« 4日見ぬ間に | トップページ | 大型電気店の波 »