« 笠野の今 | トップページ | 震災 山元町編 その2 »

2011年3月28日 (月)

震災 山元町編 その1

 

どこから伝えたらいいのか

もう

見てきたまんま伝えるしかないね。

 

とは言っても

130枚くらいあるので

何回かに分けることにします。

 

 

 

ちょっと

これを編集しつつ

 

すいません

いつものテンションまで

もってけねーわ・・・

 

かぁ。。。

 

 

 

まず いくか

 

 

今日は

ちゃーさん家を含み

6号を南下する方向をお伝えします。

 

 

まずは

ちゃーさん家から見える海側

 

こんなに海が

 

0327  

 

 くっきり

 

 

 

 

 

 

見えたことがありません・・・

 

 

そして

家の被害はっていうと

長屋側の屋根瓦が

 

Cimg5634  

 

 落下

 

 

 

 

 

 

して 

 

Cimg5635  

 

 いただけ

 

 

 

 

 

で、

改築直後の家の中は

しっかり免震作りにしたこともあり

無傷でした。

よかったぁ・・・

 

 

 

ってことで

俺、ちゃーさん、sora、お姉の4人で

車に乗り込んで出発。

 

 

宮城病院を過ぎると

すぐに

 

Cimg5499  

 

 兆候

 

 

 

 

 

が現れ 

坂元に坂を下った瞬間

 

Cimg5500  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

え、

 

 

 

 え?

 

 

一面

水の引かない

建物がすべてなくなっている景色。

 

 

そして

この6号すらも

 

Cimg5507  

 

 超えて

 

 

 

 

 

 

流木が侵入。

 

 

 

 

そして

坂元から磯浜への道に入ったんだけど

そっから先は行けなさそうだったので

迂回して細い道へ

 

 

消防団:「どちらまでいかれますか?」

 

 

俺:「磯浜の手前までいきたいんですけど」

 

 

消防団:「ほんとは

     こっから先は自衛隊が動いているので

     ダメなんですけど・・・

 

     どーしてもと言うなら

 

 

俺:「邪魔になりそうだったら引き返しますので」

 

 

 

許可をもらい先へ。

 

 

 

その先は

 

 

 

 

・・・

 

 

 

そのままお見せします。

 

Cimg5514_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5515  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5516  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5517  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5520  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5521  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Cimg5524  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

磯浜は

この方向から見たときに

丘の切れ目の

 

Cimg5525 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

左側にあります。

 

 

さすがに

これ以上は被害が大きすぎるのと

道路のがれきを撤去できていないため

侵入不可でした。 

 

 

 

土台を残し

上物は

 

Cimg5527 

 

 どこへ

  

 

 

 

 

 

 

 

まるで

 

 

 

 爆弾が投下された

 

 

 

と言っても過言じゃないほど

跡形がありません。

 

 

そんな風景が

延々と続いていました。

 

 

 

 

ちなみに

ちゃーさんの田んぼは

ひとつは被害をまぬがれましたが

その下側にある田んぼは

 

Cimg5535  

 

 ・・・

 

 

 

 

 

 

 

ここは田んぼです。

元は。

 

 

お父さんが

うちらとは別行動で

taitoとmiuを連れて出たんだけど

 

P1000195  

 

 被写体

 

 

 

  

 

 

として

フレームインしてました。

 

 

ここから

太陽ニュータウンの

家が崖から崩れてきた

 

P1000196  

 

 方向

 

 

 

 

 

 

ちなみに

ちゃーさんのお父さんは

土木会社で働いており、

震災後は山元町の測量を行っています。

 

 

そして

測量の結果

今回の津波の流入は

 

地図の

 

Cimg5496  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 青部分全部

 

 

 

 

です。

 

坂元は

この地図には入ってないので

6号を越えていないように見えてるけど

実際この地図の南側では

上にあるような結果です。 

  

 

 

やはり

家で生活している震災後の生活もそうだけど

そんなここでの感覚は

 

 

 一気に吹っ飛びました

 

 

 

ちゃーさんや、お姉が

子供の時に遊んでいた6号下の景色は

その遊んでいた知り合いの家と共に消えています。

 

 

 

こんな状況を

果たしてどこまで伝えればいいのか

すごい悩みますが、、

 

 

 

でも

俺はみんなに伝えなければならない と。

 

これによって

山元町の現状を全国、

いや世界中の人に知ってもらい

少しでも早い復興をお願いしたい!

援助物資を今よりもっと届けてもらいたい。

 

 

 

 

そう

願わずにはいられません。

 

 

それと同時に

 

あっ

 

 

 

 もっと頑張んねーと

 

 

 

とも

思いました。

 

 

 

次回は

6号から浜街道側を南へ北へ

約2時間かけて歩き回った結果を報告します。

 

 

さらに

津波の被害を目の当たりにすることに。。

 

 

 

 

  

|

« 笠野の今 | トップページ | 震災 山元町編 その2 »

山元町 被災」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11638/39388736

この記事へのトラックバック一覧です: 震災 山元町編 その1:

« 笠野の今 | トップページ | 震災 山元町編 その2 »