« 震災 山元町編 その1 | トップページ | ライフライン復旧目前!! »

2011年3月29日 (火)

震災 山元町編 その2

 

さて

今日は6号側から浜街道方面をご覧ください。

6号のセブンから浜街道側に降りると見える

 

Cimg5537  

 

 ごみ処理

 

 

 

 

 

 

センターも

外観を残し

 

Cimg5538  

 

 壊滅

 

 

 

 

 

 

 

です。

そして常磐線の線路は

 

Cimg5542  

 

 ゴミ

 

 

 

 

 

 

と化し

 

 

 

俺:「あれ? 線路ここじゃねーよな・・・」

 

 

西側に10m近く押し流されていて

本来の線路の場所から

 

Cimg5544  

 

 仙台方面

 

 

 

 

 

 

そして

 

Cimg5545  

 

 相馬方面

 

 

 

 

 

 

各々

この線路の両側には

家々が広がっていたわけです。

 

 

しかし

わずかながらの建物を残し

 

Cimg5551  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

すべてがれきになっています。

 

 

 

笠野から

 

Cimg5590   

 

 浜街道

 

 

 

 

 

 

を南下すると

ちゃーさんの通っていた自動車学校

 

Cimg5586  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

坂元駅

 

Cimg5568  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

駅舎がありません。。

 

 

 

街道の南下はこの

 

Cimg5572 

 

 小学校

 

 

 

 

 

 

まで。

 

これだと

実感がないので被写体として

 

P1000192  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

2人を。

 

P1000193  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

こんな光景を目の当たりにした二人

 

 

そして

車に乗っていた

 

Cimg5570  

 

 

 

 sora

  

 

 

 

 

 

 

 

には

どー映っているんでしょうね。

でも心の片隅には閉まっててもらいたいな。

 

まず

経験することは今後ないだろうからさ。

 

 

 

さて

Uターンして北上してみます。

 

 

遠くには

そっか こっから見えるんだ。

 

Cimg5581 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

泉ヶ岳って。。。

 

 

 

笠野にあるローソン

 

Cimg5592 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

さらに北上するとあるセブン

 

Cimg5600  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

斜め向かいのコメリ

 

Cimg5601  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

わずかに残った新しい建物には

津波の高さがくっきり

 

Cimg5597  

 

 残って

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いました。

 

 

 

さらに北へ。

 

Cimg5602   

 

 牛橋公園

 

 

 

 

 

 

浜吉田のローソン

 

Cimg5604  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そして

線路を超えて小道を山下駅方面へ南下

 

線路から脱線した

 

Cimg5609  

 

 貨物列車

 

 

 

 

 

 

が民家を

 

Cimg5610  

 

 襲って

 

 

 

 

 

 

いました。

 

 

 

 

会社のイチゴ狩りでも訪れた

夢いちごの郷

 

Cimg5615  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

道路沿いには

持ち主の分からない品が多数あり

 

Cimg5625  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

その中に

ちゃーさんやお姉が卒業した

山下中学校の

 

Cimg5626 

 

 

 

 卒業アルバム

 

 

 

 

 

 

 

 

 

俺の2個上の学年

 

Cimg5627_2  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

うちらが走りながら見つけたアルバム等は

発見しやすいように道路沿いに並べておきました。

 

 

この中のみんなが

無事であることを願わずには居られません

 

Cimg5629  

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

この日曜日の経験は

俺もだけど決して忘れる事はできないね。

 

 

そして

ここに住んでた人たちを含め

0からのスタートになります。

 

 

まずは

自分の命ありき

協力し合いながら前に進んでいきましょう!!

凹むのはここでおしまい。

 

 

復興に向けた

各々出来ることをしていきましょう。

 

俺は

子供たちのケアをしっかりと だな。

まずは。 

 

 

 

明日は

taitoの卒園式の様子を報告します!

 

 

 

そして

明日からは題名で使っている震災の文字を

前を向く意味で変えますよ!!

 

 

 

 

 

|

« 震災 山元町編 その1 | トップページ | ライフライン復旧目前!! »

山元町 被災」カテゴリの記事

コメント

権兵衛さん>
 夢いちごは営業終了直前だったんだ!
 地震の後にそりゃー様子を見に行くだろうから・・・
 心配だなぁ その人。。。

ももママ>
 コメントを読むたびに、ももママの山元への思いが伝わってくるよ。
 ホントいい思い出がいっぱいあるんだべね。

 山元を含む県内の人たちの多くは、この震災を教訓に前を向き始めてるよ!
 もう0からスタートするだけだからな!
 頑張っていきますぜぇ~いhappy02
 
 
 げ、
 原発の放射能の心配は別にして な・・・crying

 

投稿: よっしー | 2011年4月 2日 (土) 06時17分

田園!!そうです、懐かしい~!
でもお店の近くまで来たんですね。
悠里館が残っているということで安心しました!
情報ありがとうございます(涙)北海道の家族に伝えたいと思います!!
本物の祖父は自分のルーツが知りたくて、亘理町に何度も何度も通っていたご縁で悠里館に寄贈したと思います。

仙台じいちゃん(祖父の兄)は山元町では有名だったかもしれません。山下駅近くのおうちでリタイア後に社会保険労務士と行政書士の事務所を構えて、保険や手続きのややこしいことを町のおじいちゃんやおばあちゃんのために頑張っていたのでまだ覚えていてくれてる人がいると思います。

おいしいイチゴ、お米など、町の復興にできることを私も考えて行きたいと思います!小さな力でも集まれば大きくなりますよね!

Never Give up!

投稿: ももママ | 2011年4月 1日 (金) 15時01分

夢いちごの郷は午後4時までの営業で、一人で中にいたであろう店番の人が心配です。
クロネコヤマトの最終集荷も午後3時です。

投稿: | 2011年4月 1日 (金) 13時55分

ももママ>
 コメントありがとう。
 おじーちゃんが駅のメインストリート沿いに住んでたんだ。
 残念ながらメインストリート沿いは津波に飲まれてしまっていて
 ももママが記憶しているような面影は無くなっちゃいました。

 でも、おじーちゃんの品物が悠里館に保存されてあるってことは、
 だいぶ有名なおじーちゃんだったのかな?
 悠里館は津波の被害は受けていないので、地震の影響で壊れていない限り
 これからも無事に保管されていくと思うよ。bearing

 あと、はらこめしで有名な田園は高瀬の本店のすぐ裏まで津波が来たけど
 お店自体は無事です。
 浜街道付近に点在していた有名ないちご園は
 津波をかぶっちゃってほぼ全滅かも。。。

 やっぱメディアで全然報道されないから
 こーやって検索して追わないとたどり着かないんだね~。
 yahooで一回取り上げられた時は、次の日あたりに報道もされたみたいだけど
 それ以降またしても全然だもんなー

 やっぱ
 俺だけでも定期的に発信しないといけないかもね!
 ももママのように情報を知りたい人にちゃんと伝えるためにさ。

 こりゃぁ
 責務だと思ってやったるでぇ~い!happy01

投稿: よっしー | 2011年3月31日 (木) 23時49分

ブログ拝見させていただきました。
どうしても山元町の今を知りたくて検索をしてたどり着きました。
あまりの違う光景に言葉が出てきません。知っている風景がなくなっていて・・・メディアでなかなか出てこないので大丈夫なのかわからないままです。
実は山下駅から延びるメインストリート沿いで今は亡き叔父(仙台じいちゃん)のおうちがありました。叔母からも状況は聞いていたのですが、、、写真を拝見して愕然としました。

私は北海道伊達市出身で現在は茨城県在住です。伊達市とは縁のある土地柄であり、今回も山元、亘理、柴田、福島新地町の4町に確実に伊達市が届けるということがわかったので少しばかりですが応援させていただいてます。

私の祖先はそこから北海道に移民をしており、移民の際に身につけていたもは亘理の悠里館にかなり前から置いていただいたり、秋のはらこめし、山元町の役場で文化の日のお祭り、昨年もお墓参りに行ったりと思い出がたくさんあって、本当に大好きな町なんです。
駆けつけて何かができたら一番ですが今は難しいです。行けるようになったら必ず行きたいと思います。私たちが今すぐに継続的にできること、節電、寄付を続けたいです。

お子さんの笑顔がとても印象的でした♪
元気をいただきました!
また拝見させていただきます(^▽^)

投稿: ももママ | 2011年3月31日 (木) 23時22分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11638/39404693

この記事へのトラックバック一覧です: 震災 山元町編 その2:

« 震災 山元町編 その1 | トップページ | ライフライン復旧目前!! »