« あこがれ | トップページ | 今朝もこの顔からスタート。 »

2014年11月19日 (水)

目の前で起きた出来事

 
今日は画像無しでーす。
 
 
 
そう、
 
昨日、危なく大惨事になる光景を
 
目の当たりにしました。
 
今日は、その出来事と
 
思ったことを書きます。
 
 
 
いつものように7時半過ぎに出発し、
 
車通りの多い通りのT地路にさしかかったら
 
 
 
 ガッシャーン!!!
 
 
 
という音とともに
 
バイク(125cc)とバイカーが
 
右から左に転がっていったのよ。
 
 
 
なんだなんだ??
 
と思って、まずはバイクを起こして
 
歩道側に寄せて、
 
 
 
俺:「大丈夫ですか??」
 
 
バイカー:「大丈夫っす。。」
 
 
 
ふと振り返ると、
 
きょとんと言う顔をした小学生が
 
横断歩道を渡り終わった端っこに。
 
 
 
後ろから見ていたチャリ通の大学生とおっちゃんが、
 
 
「足、ひかれてたようにみえたよ!」
 
 
 
あ、
 
これって
 
 
 
 交通事故じゃん!!
 
 
 
 
俺:「足、大丈夫?」
 
 
小学生:「はい、ぜんぜんだいじょうぶです。」
 
 
 
そう、
 
miuと同じくらいの年齢の男の子。
 
 
 
周りはちょっとざわざわ。
 
でも、小学生の足は大丈夫そう。
 
 
 
とりあえずバイカーの連絡先を聞いて、
 
いったん小学生を家に戻そうかと思ってたら、
 
にーちゃんがきて、
 
そのすぐ後に出勤途中のその子のお母さんが
 
ちょーどやってきてさ。
 
 
お母さんと話をすると、
 
やっぱビックリしてたんだべな。
 
小学生もちょっと泣き出したりして。
 
 
で、
 
お母さんに、状況を伝えて、
 
手首を怪我してたバイカーのために
 
とりあえず警察と救急車を呼んでもらって。
 
 
お母さんも気が動転してたね。
 
そりゃそうだわな。
 
 
 
結局、
 
小学生は足も大丈夫そうなのでそのまま登校。
 
俺も救急車が来たので、あとはお任せして出勤。
 
 
 
その夜、
 
お母さんから電話がかかってきて、
 
小学生の無事と、バイカーは自損ということで
 
示談が成立したとのこと。
 
まぁ、
 
小学生が飛び出したのかもしれないけど
 
横断歩道を渡ってて、  
 
しかも足を引いたかも って状況じゃね。
 
 
 
最後に、
 
 
俺:「お子さんは今ケロッとしてるかもしれないけど
 
    心のケアをちゃんとしてあげてくださいね。」
 
 
と伝え、電話を切りました。
 
これが全てでした。
 
 
 
思ったこと。
 
小学生があと30cm前に出ていたら。
 
これが俺の子供たちだったら。
 
色々な思いを考えさせられた一日でした。
 
 
 
今朝、
 
俺もtaitoたちに昨日あったことを伝え、
 
気をつけるんだぞ と。
 
 
 
なかなか目の前で起きる出来事じゃないけど、
 
そんときにどれだけ事実を把握できて、
 
他の人にその状況をきちんと伝えれるかだね。
 
的確な対応力とね。
 
 
 
俺も
 
うまく伝えれなかったとこがあったかと思うから
 
次回(無くていいけど。。)のための教訓に。
 
人に物事をキチンと伝えるって難しいね。
 
やっぱしさ。
 
 
 
みんなも、
 
まずは
 
 
 事故に合わないように
 
 
そして、
 
万が一、その場に出会ったり、
 
状況を見かけたら
 
 
 事実を的確に伝えれるように
 
 
なりましょう。
 
 
特に、
 
俺   ね。
 
振り返ると、
 
 
 両方に当てはまる
 
 
ことをよく経験してたわけで。。
 
気をつけます!!!
 
 
みんなも、気をつけっぺね!!
 
こんな感じで、
 
今日のお話は終わり〜。
 
 
 

|

« あこがれ | トップページ | 今朝もこの顔からスタート。 »

育児」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/11638/58029885

この記事へのトラックバック一覧です: 目の前で起きた出来事:

« あこがれ | トップページ | 今朝もこの顔からスタート。 »